home



HOME

ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税とは、個人が2000円以上の金額を
その自治体に納税できる制度です。

人口の都市部への流入、地方の過疎化は止まることを知らず、
若者が少なくなった地方では税収や人手が減り、
自治体としての機能が弱体化しているのが今の日本の現状です。

仕事などでやむなく地元を離れた人が、
地元に貢献したい、好きな自治体のために
何かをしたいという人たちの支持を得て、
制度が始まった2008年から今まで
ふるさと納税額は増加の一途をたどっています。

ふるさと納税を行えば、
その地方自治体の特産品も送られる制度もでき、
特産品目当てでふるさと納税を行う人も少なくありません。

特産品だけではなく、所得税や住民税の控除の対象にもなるので、
ふるさと納税に寄付しておいて
損はない制度としても注目を浴びています。

ふるさと納税の寄付のやり方も簡単です。

各自治体のホームページなどに、
ふるさと納税のコンテンツがありますので、
そこから申し込んで振り込み用紙を送ってもらう、
または口座に振り込む、クレジットカードから振り込むなど
様々な方法があります。

他にも、東京などの都市部に出張事務所がある自治体もありますので、
そこで直接寄付する方法もあります。

人口の流出、少子高齢化が加速し、
限界集落が問題化する地方にとっては救いの手でもあります。

ふるさと納税として寄付されたお金は、
寄付をする際に用途別に分かれているので、
自分で税金の使い道を選ぶことができる制度としても
高い評価を受けています。

給料から毎月多くの税金が差し引かれます。
しかし、引かれた税金全てが納得のいくことに
使われているとは限りません。

ですが、ふるさと納税は、
ただ自治体にお金を寄付するのではなく、
自分が納得する分野に使って欲しいと寄付することができるのです。

寄付額もわずか2000円からと、かなり敷居も低くなっています。

生まれ故郷を思いを馳せるもよいですし、
災害で甚大な被害を受けた地域に寄付するも良いでしょう。

是非ふるさと納税にご参加ください。